【未来への責任、積小為大を貫く】ついに地域に到来しなかったアベノミクスの後処理、ハード偏重から子ども・人・教育・生活に着眼した財政配分、アメリカを含む外交の動きをにらみつつ周辺海空域での優位性確保、熊本地震を踏まえたゼロからの災害防災体系見直しなど、今後10年を左右する大きな論点について取り扱っていきます。
サイト内検索

>一覧

  • 4月24日
    朝の「駅頭」
    この時期の秦野駅、朝の駅頭活動時には、山へ向かう装いの方々を多く目にします。バスに乗ってヤビツ峠経由表丹沢縦走ってところ...
  • 4月23日
    「お出かけ日和です」
    海青く山の青葉に空高く。毎年の印象ですが、GWに近づくこの季節は気持ちが良いものです。お出かけ日和ですねーー! &...
  • 4月22日
    「思えば久し」
    色んな団体にお呼ばれしてのご挨拶は数あれど、かれこれ会員歴15年団体の第20回総会挨拶となると身内の感覚。思えば久しと週...

事務所からのお知らせ

■日々の活動をまとめた、神山洋介のニュースリポート「積小為大」の最新号をお届けしています。街頭などでも絶賛配布中です。ぜひご一読ください!

 

20160411ボランティア募集中

神奈川17区 神山洋介