【未来への責任、積小為大を貫く】ついに地域に到来しなかったアベノミクスの後処理、ハード偏重から子ども・人・教育・生活に着眼した財政配分、アメリカを含む外交の動きをにらみつつ周辺海空域での優位性確保、熊本地震を踏まえたゼロからの災害防災体系見直しなど、今後10年を左右する大きな論点について取り扱っていきます。
サイト内検索

>一覧

  • 6月26日
    「言われてみれば」
    言われてみればその通り、視点が違って見えてない気づきは大事にしたいところ。乗用車視点では気づかない3m前後の道路脇樹木の...
  • 6月24日
    「暑さと発汗」
    ふぅ〜う。今日も色々たくさんありがとうでした(^^) 昼どきBBQの枝豆が旨かったなぁ。暑さと発汗、あの塩分が良いのかも...
  • 6月23日
    「議論と反応」
    残り数パーセントのリスクやレアケース対応に全体の3割のコストをかける社会を今後の時代も継続できるか…、思ったより政治家の...

事務所からのお知らせ

■日々の活動をまとめた、神山洋介のニュースリポート「積小為大」の最新号をお届けしています。街頭などでも絶賛配布中です。ぜひご一読ください!

 

20160411ボランティア募集中

神奈川17区 神山洋介